本文へスキップ

在日韓国民団東京葛飾支部ホームページ 2006年8月15日OPEN!

TEL. 03-3693-1771

〒124-0012 東京都葛飾区立石6-18-16

Katsushika Japan-Korea Freindship Association
葛飾区日韓親善協会     

NEWS&EVENT 2014

葛飾区日韓親善協会 創立20周年記念祝賀会










   参加者に挨拶する左近充会長

 葛飾区日韓親善協会(左近充尚典会長)が創立20周年を迎え、その記念祝賀会が1122日午後6時30分より葛飾区のシンフォニーヒルズ別館おいて、葛飾区、政界、関連団体からの来賓・関係者合わせて約60名が出席する中、開催されました。
 祝賀会には、葛飾区・青木克則練区長、平沢勝栄・前衆議院議員をはじめ都・区議会議員や、東京日韓・保坂三蔵会長、民団東京本部からは金昌世副団長が出席しました。
 主催者を代表し挨拶にたった左近充会長は「日韓関係はギクシャクしているが当協会は何ら変わりなく親善にまい進するのみ」と最近の韓日関係の悪化を『九牛の一毛』にたとえる一方、また「東日本震災時、韓国より一番先に千トンの水を送ってくれた支援、これこそ日韓の絆」と災害時の迅速な支援に感謝を表しました。
 
 
日韓親善協会東京連合会・保坂三蔵会長       民団東京本部団長祝辞を代読する金昌世副団長    
創立20周年記念ビデオーその活動の軌跡ー上映!
子供たちの交流に尽力、新たに親善を誓う
 
祝賀会では、特別なアトラクションはなかったものの、葛飾区日韓協の事務局で制作された『葛飾日韓協20周年創立記念ビデオ-その活動と軌跡』が上映されました。
 特に、1997年から8年間つづいた『日韓交流少年野球』の場面では、葛飾区の白球会と済州市の少年野球チームの子供たちが楽しく元気にふれあう姿に、当時参加した理事・役員や婦人会などは懐かしさと当時の記憶が錯綜するなど、会場は感動に包まれました。 また、両チームは葛飾と済州市をお互いが訪問するなど、野球だけでなく、ホームステイなど通して心と文化の交流を続けてきました。
 ビデオの最後に流れされたテロップには「あの時の子供たちが別れを惜しむ姿や涙が、今の葛飾日韓親善協会の原動力となっている」と綴られ、当協会がいかに韓日の未来を託す子供たちの交流に力を注いできたかを計り知ることができました。
 会の終了後、葛飾区日韓親善協会の理事・役員からは、もう一度初心に戻って親善交流を続けていきたいとの声が聞かれました。

第20回定期総会
三期目左近充体制を満場一致で承認!


この日祝賀会に先だって午後6時から第20回の定期総会が開催され、2013年度の活動報告と2014年度方針案が承認された。また、理事役員の改選があり、左近充尚典会長が満場一致で再選されました。左近充体制は3期目にはいります。


バナースペース

所在地・連絡先

〒124-0012
東京都葛飾区立石6-18-16

TEL 03-3693-1771
FAX 03-3693-1772